いんなーぱらどっくす
同人サークル(となる予定の)「INNER PARADOX」のブログ
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おつかれさまでした
冬コミお疲れ様でした。
といっても僕は知人のとこで売り子してたのでほぼ関係ないのですが…。

書くことないから今回もポケモンでお茶を濁します。
以前考えたサーナイトの育成論です。
続きは「続きから」でお願いします。
■今はやや落ち着いた?感はありますが、出てこられるとかなり面倒なエルフーン。
当時ガチパを組む上で、エルフーンで流れが止まりにくくくするにはと考えてみたところ、出てきたのがサーナイトでした。

・トリックが出来る
・特性トレースでいたずらごころをトレースが可能。

■これにより他のトリックを使うポケモンと明確な優位点があります。
役割破壊めざパが高めの特攻から撃てるので採用範囲に入ることも優秀な点です。
攻撃・補助技も豊富で、かなりトリッキーで器用な立ち回りができます。
反面、耐久はあまり高くなく(特に物理)、足も遅いので特殊な立ち回りをしようとするとかえって足を引っ張りがちな印象はあります。
特性が優秀なので、エルフーン以外にも特性に依存したポケモンの相手には繰り出しやすく、
威嚇をトレースして物理読みで繰り出してリスクを軽減したり、相手の技読みで貰い火や貯水などをトレースして無償降臨が狙えると美味しいです。
本来苦手なソーナンスと先発で対面した場合、トレースによって逃げられるところも重要なポイントだと思います。
トリックのおかげで奇跡持ちからアイテム奪って大幅弱体化を図れるのも大きいです。

■今回は前提となる「エルフーンに対しトリックを押し付ける」という仕事を踏まえたうえで、
役割にある程度の汎用性を持たせ、かつそれを遂行する上での耐久等を計算して形にしてみました。

努力値は
H252 B52 C76 D18 S112

実数値にすると
175-76-92-169-137-114

となってます。
ちなみに固体値はめざパ炎の理想固体の31-30-31-30-31-30で計算しています。
持ち物はスカーフ。

この調整で
・意地っ張りA極振りガブ逆鱗確定耐え
・臆病CSゲンガーシャドボ確定耐え
・控えめCシャンデラシャドボ確定耐え
・ヤチェ込みでも201ガブを確2
・ナットレイ確2
・エルフーンは相手の調整次第で確2~3
・スカーフ込みで最速ガブ抜き(マンムー抜き抜き等、素早さ調整エルフーンも抜ける)
・スカーフ無しでもこご風込みでガブまで抜き

ここまでの耐久と火力を維持しています。
ガブとシャンデラに大して一発耐えるかどうかとはかなり重要なポイント(だと思ってます)で、
シャンデラの場合は万一炎読み貰い火トレース無償降臨が失敗しても、1撃では死なないので次ターントリックが可能です。
これはハッサムと組んでる場合かなり有効で、ハッサムで炎を誘い、炎が素直に飛んできたら無償降臨、
交換読みシャドボが来ても上記の通り一発耐え、次ターントリックでスカーフを押し付けて相手の行動を相当制限できます。
炎だったらサーナイトはそのまま自由に動けますし、シャドボで押してきたらハッサムに交代、シャドボが半減なので剣の舞などを自由に積めます。

ガブは一発耐えてからのこご風、次ターン先制こご風で倒しきれます。
ただこれは死に出し等、無傷の状態でのみしか成立しないので実現するかどうかは結構シビアです。
しかしこれが出来るのと出来ないのとでは大きな違いが生じる、と思います。

めざパ炎はなんとなく。おまけついでで入れてみましたが耐久居座り型への機能停止という汎用性をもたせるのであれば、
ナットレイを意識した技を入れておくのは決して悪くないのでは、と思います。確2ですしね。
エルフーンは調整により確2~3ですが、アイテム等の回復を考えると+2ターン前後は見ていいんじゃないかと。
こいつでエルフーンを倒しきれるかどうかはともかく、スカーフにより居座りエルフーンを機能停止させられれば十分仕事をしたと言えるかな、と。

ちなみに臆病眼鏡ラティオスの流星群は中乱数一撃です。
元々努力値の都合上、スカーフ込みでもガブまでしか抜けないので完全に仕事の範疇外だと割り切りました。
こご風一発刺しても、スカーフ無しでは先制できません。

■技は、

めざパ炎/サイコショック/こご風/トリック

で使っています。
攻撃技は仮想敵、というかパーティの都合上面倒くさいと思う相手に役割持たせたい場合は変えてもいいんじゃないでしょうか。
正直これ以外あんまり使う余地ないとは思いますが…。
ただ変えるのであれば、サイコショックを道連れや願い事にするのも面白いかもしれません。
中継サポートとしての色は強くなり、突破力は落ちますが、最後っ屁に相手を道連れで落とせたり、願い事で後続が回復できたら相当楽だと思います。
スカーフ後は大抵手負いの状態なので成立する機会はそう多くないかもしれませんが、
「どうせ落ち際に攻撃したところで相手落ちないならいっそサポートしたほうがいいや」って感じならいいかもしれません、っていうか僕も最近それ考えてます。
めざパ炎も、ナットレイを意識しないなら削ってもいいかもしれないですね。
どうせハッサムも一撃で倒せず、とんぼ返りか虫食いで殺されるだけなので、他で対策が足りててめざパ炎が蛇足なら削ってもいいかと。



こんな感じのサーナイトですが結構活躍してくれてます。
火力インフレの激しいガチパ環境ではデリケートな数値となってますが、
厄介な居座り方を成功すれば1ターンで機能停止させられるのは非常に有効かと思います。
再生ミロカロスに押し付けて機能停止に成功し、一気に形勢逆転した実績もあります(切断されましたが)。


それにしても調整計算していて、意地っ張りAガブ逆鱗と控えめCシャンデラのシャドボ確定耐えが両立できるというのを知ったときは驚きました。
エルフーン相手にも先制トリックが成立するところとか、個人的にはかなり面白い調整だと思ってるんですがどうでしょうねー。


それではこんな感じで失礼します。
あーそろそろ例大祭考えないとー
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。